100年を超える実績と信頼 大崎建設株式会社

安全への取り組み

安全第一で作業を行うために

安全第一で作業を行うために大崎建設では作業を安全に行うために社内にて情報共有や意見交換、
パトロールや社員教育を行っています。

2020年度安全スローガン

「安全は頼らず任せず自分から
           指差し 声出し 確認ヨシ!」


安全衛生大会

安全衛生大会

※2020年度安全衛生大会は書面開催にて行いました

毎年、大崎建設㈱・大崎建設災害防止協議会共催のもと、安全衛生大会を開催しております。安全施工への意識向上や、安全の取組が優秀であった企業、職長の表彰を行っております。

安全衛生委員会

安全衛生委員会

毎月1度、大崎建設の各部署から安全衛生委員に任命された社員による、安全活動の報告、情報共有、意見交換などを行っております。

安全連絡会議・災害防止協議会の開催

災害防止協議会の開催

毎月1度、大崎建設㈱・災害防止協議会会員で、安全に関して情報共有、意見交換会を行っております。

幹部合同パトロール

社長パトロール

現場パトロールは工事を担当している社員や、安全部が行う重要な仕事ですが、それに加え社長を始め経営幹部が現場に足を運び、安全に目を光らせています。

職長教育

大崎建設㈱では、定期的に作業のリーダーを務める職長の教育活動を実施しております。

安全周知勉強会

大崎建設㈱・協力業者で新年度のはじめには、安全管理方針の周知を目的とし、また年末年始には安全意識の向上を図る為、集合教育を実施しています。


安全衛生基本方針

大崎建設安全文化の基軸となる人間尊重の精神の下、働き方改革を推進し、心と体の健康管理を行い、厳しくも明るく、元気で効率的な作業環境を確立する為、『三種の神器』による安全確認を励行し、直接の指導・指示を行う三現主義を貫き当たり前のことを愚直にやり続け、危険に対する感性を磨く1年とする。

【今年度重点実施事項】

  • 適切かつ適正なリスクアセスメント済施工手順と施工体制の徹底

  • 非定常作業発生時及びインフラ事故防止の計画と手順の再確認

  • 不安全行動災害撲滅のため『三種の神器』及び「4つのないか+1運動」の徹底

  • 重機、玉掛関連災害防止のため「パーグー運動」及び
    「重機関連災害防止ルール」・「3・3・3運動」の徹底

  • 墜落・転落災害防止のため適正な「がっちり安全帯運動」の励行
  • 早期の熱中症対策実施
  • 自主的健康管理の徹底と時短及び休日取得への取組み

採用情報

  • 技術研究所

清水建設

日本機械土工協会

東京建設躯体工業協同組合

富士教育訓練センター


Copyright©OSAKI CORPORATION All Right Reserved.